ビオチンの摂取目安量は?

ビオチンの摂取目安量は?

ビオチンというのは、アレルギーを改善させる効果が期待できるとされているのですが、まだはっきりと科学的に証明されていないのが現状です。ですから、現在のところビオチンの必要摂取量は決まっていないのです。

 

2010年版の日本人の食事摂取基準では、必要摂取量については記載されてはいないのですが、目安量については記載されています。目安量は、色々な事例を参考にして算出されています。

 

生後半年までは、男女ともに1日4μg、1歳未満までは男女ともに10μg、1歳から2歳までは20μg、2歳から5歳までは25μg、6歳から7歳までは30μg、8歳から9歳までは35μg、10歳から11歳までは40μg、そしてそれ以降は男女ともに1日50μgが摂取目安量となります。なお、妊娠をしている女性の場合はプラス2μg、授乳中の女性はプラス5μgが望ましいとされています。

 

妊娠をすると、ビオチンの量が少なくなるという報告があることから、通常よりも2μg多めに摂取するのが望ましいとされています。そして、授乳中の場合、ビオチンは母乳にも含まれるため、5μg多めに摂取するようにされています。

 

ハッキリとビオチンの全ての作用について分かっておらず、体の中に入ったビオチンがどれくらいの割合で作用をもたらしているのか、食べ物の中にどれくらいのビオチンが含まれているのかもはっきりとしていないのが実情です。

 

摂取量については、はっきりと決まっていないのですが、これはまだ研究段階でデータがそろっていない為です。ただ、食事だけでは、そこまで多くのビオチンを摂取することがないですから、食事をしたことで大量のビオチンを摂取してしまうということはないでしょう。