すっぽんは天然と養殖の2種類あります

すっぽんは天然と養殖の2種類あります

疲れ

 

実はすっぽんというのは、複数の種類が存在しているということはご存じだったでしょうか?古くからすっぽんは精力剤として用いられており、非常に価値のある食材として知られていました。含まれている栄養素がとても多く、活力を高めたり美容効果を得るために、すっぽんを食べているという人も少なくありません。

 

すっぽんは、コラーゲンの含有量がとても多いだけではなく、アミノ酸やミネラル、ビタミンの含有量も非常に多いです。ですので、美容にも健康にもいい食材として知られているのです。

 

すっぽんを手軽に摂るならすっぽんのサプリメントを飲むと良いでしょう。すっぽんの濃い栄養だけが豊富に詰まっています。

 

すっぽんの種類

 

すっぽんでも、リースすっぽんやマルスッポン、ナイルスッポン、トゲスッポン、インドシナオオスッポンなどのようにたくさん種類が存在しています。日本で食用として用いられていることが多いのは、キョクトウスッポンやシナスッポンといわれる種類です。

 

他の種類のすっぽんの場合、日本にはいなかったり、食べるのに適していないものとなっています。日本では1種類のすっぽんだけが食べられていますから、他の種類のすっぽんを食べたことがある人は限られているのではないでしょうか?ですから、基本的には他の種類のすっぽんにはどのような栄養素が含まれているのかを知る必要はないかと思います。

 

ただ、日本では1種類のすっぽんだけが食べられているわけですが、養殖と天然の2種類に分かれていることは知っておいたほうがいいでしょう。

 

養殖すっぽんがほとんど

 

日本の場合、高級料亭などで食べることができるすっぽんのほとんどは養殖のすっぽんです。日本において、天然のすっぽんというのは高級食材になっていますから、食べるためには数万円は必要になってしまうのです。

 

そのため、食べたくても食べることは難しいです。養殖のすっぽんは食用として育てられていますから、天然と比べるとリーズナブルになっているため、市場で出回っているのです。

 

栄養価でみると、どうしても養殖のすっぽんのほうが劣ってしまっている部分はあるのですが、それでも魅力的な栄養素が豊富に含まれていることに代わりはありません。